ダイエット

二重まぶた

埋没法による二重まぶた

 埋没法は簡単だから,手術をしてすぐに帰る事ができます。帰る前には二重まぶたのラインを確認できます。はじめは腫れやむくみの影響で、"希望していたラインとはちょっと違う"と感じられると思いますが、それはむくみや腫れの影響によるもので必ず落ち着くので安心されてください。腫れやむくみは目安として、手術後2,3日で50%、1週間で80%落ち着くんだそうです。外に出られないほど腫れるということはないのですが、はじめに決めたラインよりも幅広く見えるので、自分ではどうしても気になってしまうのです。
完全に自然になったと感じることができるのは1ヵ月後くらいかかります。
 まぶたの整形は簡単とは言いながら,できれば 1ヵ月後に経過観察をするのがいいでしょう。

二重

二重まぶたをつくる埋没法

プチ整形のひとつ まぶたの整形 二重まぶたをつくるやり方として埋没法と言うのがあります。埋没法は、髪の毛くらいの細い医療用縫合糸を用いて,二重まぶたにする手術法です。二重まぶたの人のまぶたは、簡単に言うと、まぶたとまぶたの裏側が癒着(ゆちゃく)している状態なので、生まれつきの二重まぶたの人と同じような状態にしようというのが二重まぶたの手術です。
 埋没法は、手術前に鏡を見ながら希望のラインを確認し、まぶたに印をつけておきます。印をつけた部分に糸を埋没させて、まぶたとまぶたの裏側の癒着を完成 させれば二重まぶたができるという原理です。手術時間は10分もあれば終了しますので、始まったかなと思っているうちに終了します。

二重まぶた

二重まぶたを作る目頭切開法

 まぶたのプチ整形ですが,まぶたの状態によっては、まぶたとまぶたの裏側の癒着がうまく完成しないことがあります。その場合は元に戻ってしまうのですね。埋没法は『腫れが比較的少 ない』、『仕上がりまでの期間が短い』、『切らないので傷あとが残らない』というメリットもありますが、100人中4,5人は元に戻ることがあるという点 では弱点もある手術であるといえます。元に戻ってしまった場合で、二重まぶたを希望される時は切開法を行なうことも考慮する必要があります。
 二重まぶたの形には、末広型と平行型があり、末広型は目頭から目尻に向かっていくにしたがって段々と幅が広くなっていくタイプ、平行型は目頭から目尻まで の幅が同じタイプです。患者様のまぶたの状態によって、手術で可能なタイプが決まってきますが、目頭に余分な皮膚(蒙古ヒダといいます)がある場合で平行型を希望されている場合は目頭切開法が必要になることがあります。
目尻のしわ対策も様々な考えがあります。

おなか太り

肥満症 食べ方に注意!

食べ方次第で 肥満症解消できます。

意外にも、肥満者のかなりの人は食べすぎではないことがわかっています。こうした場合、食べる量よりも食べ方が問題です。食事回数と肥満との関係をみてみると、食事回数が少ないほど太りやすいのです。
 すなわち、朝食を抜いて夜に多く食べるなどの「かため食い」は、食べた栄養が吸収されやすく、過剰エネルギーをもたらすことで肥満につながりやすいのです。食事の回数が減ることで、食事摂取時の熱産生が減ることも原因と考えられています。
 1日の摂取量の半分以上を夜に食べる「夜食症候群」も太りやすい食べ方です。夜は消化管の機能が活発になり、食べた物が貯蔵エネルギーになりやすいと考えられます。また、「早食い」もよくありません。満腹感を感じにくく不必要に食べすぎることになります。

おなか太り

肥満症 食べ過ぎの正体は?

どうしても食べ過ぎちゃう、けど 食べ過ぎの正体は?

なぜ食べすぎになるのでしょうか。通常は、すでに述べたレプチンなどによって満腹中枢が刺激され、私たちは食べすぎないようになっています。
 遺伝的にレプチンに異常があるために肥満が起こってくることはまれです。むしろ、肥満した人の多くではレプチンは増えていることがわかってきました。おそらく、レプチンのはたらき、あるいは満腹中枢の機能が障害されているものと考えられています。
 食べすぎを引き起こすきっかけとしては、ストレスが重要と考えられています。強いストレス状態におかれると、手元にある食べ物を手あたり次第に食べてストレスを解消しようとする「気晴し食い症候群」といわれる状態がありますが、多くの肥満者が食べることでストレス解消を図っていることがわかっています。
 さらに、食べすぎが続くと胃が大きくなって、たくさん食べないと満腹感が得られないようになることも問題です。さらに食べすぎて、肥満が進行する原因になります。

おなか太り

肥満解消 まずは運動から

肥満解消は運動によって

運動不足では、消費エネルギーが低下してエネルギーが体のなかにたまりやすくなりますが、それよりもエネルギーを体のなかにためやすいという代謝状態をつくるほうが重要です。
 すなわち、運動不足は、血糖値を下げるはたらきをもつインスリンというホルモンのはたらきを低下させて、血糖を正常に保つのに必要なインスリン量を増やしてしまいます。この時のインスリンは、血糖値を下げる力は弱まっているのに、脂肪をつくる作用は弱まっていないために、体のなかで余分なエネルギーを脂肪に変えることを促進することになります。
 さらに運動不足は、安静にしていても体温を維持し生命活動を保つために使われる基礎代謝で使われるエネルギーを少なくしてしまいます。また、脂肪合成酵素のはたらきも高まるので、脂肪が体のなかでつくられやすくなります。

<<前の6件  1 2 3 4  次の6件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。