ダイエット・二重まぶた・美容整形@ダイエットについて > おなか太り > おなか太り 肥満は遺伝?


ダイエット

おなか太り

おなか太り 肥満は遺伝?

肥満遺伝とあきらめたいけど。。

 いろいろな病気が起こる原因には、遺伝と環境の両方が関わっています。肥満に関しても、人類の歴史のほとんどが飢餓と寒さとの戦いであり、獲得したエネルギーを脂肪として蓄える体の仕組みが発達した結果、いわゆる倹約遺伝子(けんやくいでんし)(肥満遺伝子)が保存されてきたと考えられています。
 遺伝因子について世界中で研究が行われています。現在のところ、一部の遺伝子の関与が明らかになったものの、遺伝子を調べて肥満になりやすい体質かどうかを検査できるまでには至っていません。
 一般には、肥満の原因としては環境因子のほうが重要と考えられています。環境因子としては、以下に述べる、食べすぎ(過食)、食べ方の誤り、運動不足が重要です。食べることに不自由がなく運動量が少ないという欧米型ライフスタイルが浸透するとともに、これらの環境因子は日本でも増加し、肥満が急激に増えています。

<<肥満症 おなか太り | ダイエット・二重まぶた・美容整形@ダイエットについてトップへ | 肥満解消 まずは運動から>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。