ダイエット・二重まぶた・美容整形@ダイエットについて > 二重まぶた > 二重まぶたを作る目頭切開法


ダイエット

二重まぶた

二重まぶたを作る目頭切開法

 まぶたのプチ整形ですが,まぶたの状態によっては、まぶたとまぶたの裏側の癒着がうまく完成しないことがあります。その場合は元に戻ってしまうのですね。埋没法は『腫れが比較的少 ない』、『仕上がりまでの期間が短い』、『切らないので傷あとが残らない』というメリットもありますが、100人中4,5人は元に戻ることがあるという点 では弱点もある手術であるといえます。元に戻ってしまった場合で、二重まぶたを希望される時は切開法を行なうことも考慮する必要があります。
 二重まぶたの形には、末広型と平行型があり、末広型は目頭から目尻に向かっていくにしたがって段々と幅が広くなっていくタイプ、平行型は目頭から目尻まで の幅が同じタイプです。患者様のまぶたの状態によって、手術で可能なタイプが決まってきますが、目頭に余分な皮膚(蒙古ヒダといいます)がある場合で平行型を希望されている場合は目頭切開法が必要になることがあります。
目尻のしわ対策も様々な考えがあります。

<<肥満症 食べ方に注意! | ダイエット・二重まぶた・美容整形@ダイエットについてトップへ | 二重まぶたをつくる埋没法>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。